ホルベルグラッシーとは

新しいヨットを買うときに知っておくべきこと、あなたが次のヨットを選ぶ時に、いろいろ考慮することがあります。それらの数多くのスペックや詳細についてホルベルグ・ラッシーのすべての艇を念頭に置いて考えてみましょう。

以下は、それら考慮すべきことのリストです。

■船底の深さは、浅すぎず、深すぎず適切ですか?
浅すぎる艇は、排水が十分でなく、深すぎれば船底をきれいに保つのが難しくなります。
■排水口は船底の一番深い部分にありますか?
艇を陸上へ上架して、オフシーズンの掃除をするときに、十分な水を使って床板下を洗う時にはこの排水口が必要です。
■艇体とデッキはディビニセルなどの素材で適切に遊離されていますか?
断熱をしておくことは熱帯の暑さから艇内を守ってくれると同時に、凍てつく外気への艇内の熱の放出を防いでくれます。また、結合部分の縮みを最小に押さえてくれるのでボートをより乾いた状態に保ち続けることができます。ディビニセルは、艇の損傷や水漏れがあった場合にも、バルサ材とはちがって水を吸収しません。
■艇体の横には、ラブレイルが行き渡った構造になっていますか?
ラブレイルは、艇の側面をかすり傷から守るだけではありません。フェンダーの汚れや砂などからも船を守ってくれます。ラブレイルはまたデッキから水面までのフリーボードをより上品に見せてくれます。
■ボートは国際的に知名度の高い一流のヨット設計者によって設計されていますか?
■そのヨットは、よく知られたヨット製造会社一社で製作されていますか?
これらの条件は中古艇として長い間価値を保つために必要不可欠な条件です。
■ボートを造っている会社は、きちんと納期通りに船を仕上げて納品している会社ですか?
ホルベルグ・ラッシー社は、今まで8,500艇すべてのヨットを納期通りに納めています。
■コックピットのフロントガラスは、充分波風を防いでくれますか?
■フロントガラスの高さは、コックピットを守るのに十分で、なおかつ外観を美しく保つよう低く抑えられていますか?
■フロントガラスは、ボートの他の部分とも調和したデザインになっていますか?
■必要な時に十分な換気が得られるよう、フロントガラスの中央に開閉部が取り付けられていますか?
■コックピット内での移動や、コックビットの出入りの時のために作り付けの手すりが備えられていますか?
フロントガラスは、ステンレスのネジとアルミニウムのフレームの電食を避けるよう接触部分を隔離して取り付けられていますか?
■ボートのデッキ上やボート内部の天井の十分な範囲に手すりがつけられていますか?
もし、アンカー用の電動巻き上げ機が取り付けられている場合、巻き上げ機のモータは、 水濡れせず、チェーンの絡まない場所に設置されていますか?
■デッキ上にチェーンの移動経路が確保されていますか?
それがあるとチェーンの格納庫まで最大の高さを確保でき、自動巻き上げを使ったときにチェーンが絡んで積み上がったりしないよう格納できます。
■セールは国際的な実績のあるセールメーカのデザインですか?
■非常に厳しい環境も考慮したデザインになっていますか?
デンマークのエルブストローム・サブスタット社が、ホルベルグ・ラッシーのすべてのモデルのセールを製作しており、皮材での補強などを施した、オフショア用セールとして特別に設計されたセールです。そのために非常に長持ちするセールになっています。
■エンジンは十分な力がありますか?
■ボートには十分な容量を持った燃料タンクがありますか?
■ディーゼルタンクからの水抜き操作は簡単ですか?
ホルベルグ・ラッシーのボートは、36フィートのモデルでも特別に設計した水抜き用のポンプを機関室に備え付けています。
■タンクはきちんと作り付けの排水盤などに取り付けられていますか?
■タンクはそれぞれのモデルに適した最大容量を確保できていますか?
船内は、自然な人の動きの流れを考えて設計され、必要に応じて、例えばギャレーを使用しているときなどの場合に、隔離できますか?
■ギャレーは、航海中での調理が可能ですか?
■ギャレーには十分な頭上スペースが確保できていますか?
■艇内の床は段差が無いフラットな設計になっていますか?
■ナビゲーションテーブルは、十分な大きさがあり、進行方向に向いて座れる椅子がありますか?
ナビゲーションテーブルは人間工学的に考慮され、テーブルの横の止め枠はアームレストの 場所を邪魔したりしていませんか?
■艇内の木材の部分は6層のニス塗りで仕上げられたものですか?
■木材部分の表面はきれいにニス塗り仕上げをされていますか?
■床板は本物のチーク材を使い、木製のストリンガーで強度を保っていますか?
■床板の側面もニス塗りされていますか?
■引き出しの側面は、適切な合板や木材で上品に仕上げ られていますか?
■マットレスは安らげるよう充分配慮されたものですか?
ホルベルグ・ラッシーの船で使用している寝室用のマットレスは、2層構造で作られています。サロンのマットレスは3層構造で作られています。下層に一番堅めのフォームがあり、真ん中に一番やわらかいフォームを付け、一番上の少し厚めのフォームを支えていて、心地よさを最大限考慮したものを使っています。
■すべてのマットレスは、それぞれの船に合うよう、オーダーメイドで作られていますか?
■マットレスの枠は、十分な通気口がつけられていますか?
■カーペットはスナップボタンなどの留め具で適切に固定され、動いてしまわないよう配慮されていますか?
■ボートの通気は保たれていますか?
■船内は十分な換気装置が配備されていますか?
■食器棚はルーバー扉の採用をするなどの換気を考慮されていますか?
■船内の照明は適切ですか?
■電気の配線は、適切に束ねられて、できるかぎり配線格納経路に納められていますか?
バウスラスターの有る無し、電動ウィンドラスの有る無しにかかわらず、喫水線位置がそれぞれのヨットが帆走するのに適したラインによう注意深く設計されていますか?

以上のすべての質問に対して、すべてのホルベルグ・ラッシーのヨットの答えは

『イエス』です。

Copyright (c) Hallberg Rassy All Rights Reserved.