ホーム > モデル紹介 > Hallberg-Rassy 372

モデル紹介

Hallberg-Rassy 372

今までで最も美しいホルベルグ・ラッシー?

このすべてが新しい、ホルベルグ・ラッシー372は、3年間で220艇以上もの売り上げをあげた、ホルベルグ・ラッシー342 の、大いなる成功を元に建造されました。ホルベルグ・ラッシー372の後方コックピットは、すべてにおいて、Frers氏の新しい設計を採用し、センターコックピットを採用しているホルベルグ・ラッシー37とは一線を画し、またホルベルグ・ラッシー37のリプレースとしての設計されたものではありません。

ホルベルグ・ラッシー372は、外洋を航行する能力を備えた、後方コックピットタイプの沿岸ボートです。ホルベルグ・ラッシー37と比べると、372はほんの数センチ船長が長くなり5cm幅が広くなり、トランサムが少し広くなっています。船底は少し浅く、キールは少し長く、そして軽くなっています。船の真ん中から後方部分の船体が平らに、バウ部分がシャープになっています。シアーラインはより際だち、優美で優雅なたたずまいを見せています。

最新のセールプランの採用

マストは、1.05m高くなっています。最新のセールプランの採用をしており、少し大きくなったメインセールと、少しオーバラップするジェノアを使っているため、よりハンドリングがしやすくなっています。セルフ・タッキング・ジブもオプションで準備されています。バックステーにはより強力なテンショナーが標準で採用されています。 リグには、スウェプト・バックしたスプレッダーが3本採用され、トップ・シュラウドは、トー・レールの低い位置に取り付けられているため、デッキ上での行き来をしやすく設計されています。 オプションのジェネカは、マストヘッドから、バウスプリットの着脱可能はポールを使って揚げられます。設計者の速度予測図ではホルベルグ・ラッシー372は、現在高速ヨットとして認められているホルベルグ・ラッシー40よりも速いことを示しています。

後方のコックピットは広々としていて、革張りの操縦席は132cmという広さです。正確な走行のためにステアリングはラダーにダイレクトにつなげられています。ハリヤードは艇の屋根部分に収められ、外部のチャートテーブルではなくコックピットの2つのウィンチで扱えるようになっています。この構造を採用したことで、オプションの電動ウィンチを利用すれば、内装を損ねることなく、またいままでのファーラー未対応のメインセールでも、ホルベルグ・ラッシーの「プッシュ・ボタン・セーリング」をお楽しみいただけます。 大きな2台のチーク製チャートテーブルが外のコックピットに配備され、コックピット内はヨットの艇体の形状に沿った完璧なラインの広いスクリーンで風や波からから保護されます。

無駄のないデッキレイアウト

少なくとも5つの大きなデッキハッチを配備しており、すべてが 屋根の高さで平らになるよう埋め込まれています。化粧室手と後部キャビンのデッキハッチは光を通しつつ外部から見えないよう、乳白色のコーティングが施されています。

ジェノアのファーラー装置はデッキの下に格納されて、フォアデッキをすっきり保ちます。また、オプションの電動アンカーウィンダラス(アンカー巻き上げ機)もまたデッキの下に格納されます。ウィンダラスとチェーン格納の距離は、ホルベルグ・ラッシー372の特別設計で、自動的に巻き上げたチェーンが格納されるように非常によく考えられています。

明るく魅力的な室内

デッキ下の室内は、広く明るい空間を保っています。サロンには2つの大きなデッキハッチがあります。横のポートライトはすべて解放でき、ホルベルグ・ラッシー54と同じサイズのものを採用しています。ギャレーはU字型の航行用の大きなものを採用しています。配膳台は、PleciCor合成石材の配膳台を使っています。 サロンのソファーは2つとも2メートルのフルサイズのものです。頭上に濡れたものを入れるロッカーがあり、Pleciガラスのドアで水しぶきからも隔離されています、前方キャビンは非常に大きくゆったりしています。V字バースは、210cmの長さで、足側が幅68cm、後部では202cmの幅があります。そのほか、椅子が一つ、2つのハンギングロッカー、バニティーが2つ前方キャビンには備えてあります。後方のキャビンも非常に快適で、広く、ダブルサイズのバースがあります。

十分なエンジンパワー

エンジンは大きなパワーの42kW/55HP を採用しており、別紙のエンジンの見積もりでは、オプションのGori製プロペラを採用し、6ノット、ガソリン2/3での航行距離は、845海里となっています。

夢のようなセーリング性能

最初の記載でもわかるように、ホルベルグ・ラッシー373でのセーリングは夢のような体験をもたらせてくれるでしょう。素早く、安定したステアリングをあらゆる状況で楽しんでいただけます。コントロールしやすく、優しい乗り心地。ホルベルグ・ラッシー372を走らせる楽しみは語り尽くせません。

国際的な成功事例

ホルベルグ・ラッシー372の人気は、すぐに世界中に広まりました。既に、デンマーク、英国、フィンランド、フランス、ドイツ、オランダ、イタリア、ノルウェー、ロシア、スコットランド、スウェーデン、スイスのお客様に愛されています。

各国プレスの記事から

ヨーロッパで最も大きなセーリング雑誌の「Yacht from Germany」では、2009年2月号で ホルベルグ・ラッシー372について以下のように述べています。 『軽風下での敏感で容易なハンドリングをもち、一方、もう少し風が吹いてくるとその堅牢さに目を見張ります。』 『強風下でのホルベルグ・ラッシー372は、まさに本当のスポーツ魂を呼び起こしてくれる。』 『35ノットの強風下でも、約60度の登り角度で対地11ノットのボートスピードをみせてくれたホルベルグ・ラッシー372には驚嘆した。本当に速い。』 『高い価格にはそれだけの訳がある』 『ホルベルグ・ラッシー社では、細部にとてもこだわっている、とはいつも言われることである。しかしまた、今回の新型モデルでもそのこだわりを見せている』 『内装の木材加工は、質のよさと心地よい感触とを併せ持ち、輝いている』 『ホルベルグ・ラッシー372には、多くの新しいデザインが取り入れられており、紛れもなく本当のホルベルグ・ラッシーの次世代モデルと目されていましたが、ここ数年で本当にホルベルグ・ラッシーの強さをイメージづけるヨットとなることは間違いないでしょう。』 『全てにおいて、ホルベルグ・ラッシー372はEllös発の最も魅力的でエキサイティングなヨットでしょう。』

ノルウェーのヨット雑誌「Seilas」は2009年2月号の紙上でホルベルグ・ラッシー372を取り上げました。 『ホルベルグ・ラッシー372でのセーリングは本当に素晴らしいので、多くの人々はスウェーデンのセールボートのブランドについてもう一度見直すことになるでしょう。セーリングの能力は飛び抜けています。我々のテストでは、チョッピーな向かい波のある海上で、7ノットのボートスピードを保つことができました。この船は驚くほどスムースに嫌な波を越えてくれます。非常に速く航行していながら、コックピット内はドライに保たれました。30分、ハードなタックをして航行したあとに、私たちは風下の 30海里北西にあるVäderöarna 諸島に向かいました。この航行ではヘルムスマンがコースを難なくキープしながら、8から9ノットでサーフィングしてくれました。リーフを解くと、11.5ノットのスピードで走り始めました。』

『ホルベルグ・ラッシー372はすべてを持っています。大きなギャレー、広いサロン、ゆったりした前方キャビン、大きなチャートテーブルと十分な頭上空間。すべてのポートライトは開閉でき、大きなスカイライトは十分な換気を室内にもたらしてくれます。これは良く言われるホルベルグ・ラッシー社のコンセプトの一つですが、インテリアはすべて、洗練されたデザインで使いやすく考えられています。船は中での居住性についても充分考慮されており、収納家具が広く多く、すべての使える場所はすべて上手に利用されています』 『次の朝、風は北西に変わって8から10ノットにまで落ちていました。見事な日の出を拝んだ後、私たちはファーリング・ジェネカを上げで船出しました。またここでもホルベルグ・ラッシー372は、素晴らしいセーリング性能をみせてくれました。私たちはすぐにスピードを6から7ノットにまで上げ、南に向かいました。Westfal社のセールは軽風下での素晴らしい加速をもたらしてくれました。風が無くなってしまったので、エンジンで帰路に向かいました。とても静かに走行します。私たちはデッキ上であれ、室内であれ今までこれほど静かなエンジンを試したことがありません。回転数が少ないほどノイズも少なくなっています。』 『ホルベルグ・ラッシー372は、快適な居住性を犠牲にすることなく、速く走り、本当に楽しめるボートです。』

Photo and Movie ギャラリー   360°ギャラリー

仕様

Designer Germán Frers
CE category A - Unlimited ocean voyages
Hull length 11.35 m / 37' 3"
Waterline at rest 10.25 m / 33' 8"
Beam 3.60 m / 11' 10"
Draft, empty standard boat* 1.99 m / 6' 7"
Displacement, empty standard boat 7.5 T / 16 500 lbs
Keel weight 2.9 T / 6 400 lbs
Keel type lead on deep bilge
Sail area with genoajib 73.2 m² / 788 sq ft
Sail area with Code Zero 111.7 m² / 1 202 sq ft
* 35 cm shallower draft version available  
Headroom Saloon 1.93 m / 6' 4''
Air draft, ex Windex 17.80 m / 58' 5''
Engine Volvo Penta D2-55 / 130 S
Power at crank shaft 41 kW / 55 HP
Number of cylinders 4
Alternator 115 A
Engine displacement 2.19 l
Diesel tank 270 litres / 72 US gallon
Fresh water tanks 425 litres / 114 US gallon
STIX 39
Transport height with windscreen 4.28 m
Transport height without windscreen 3.95 m
カタログダウンロードはこちら

詳細情報(英語のみ)

ページ上に戻る